グリーンホームは「らくらく家事動線」と「収納じょうず」にこだわった家づくり

グリーンホームはママが使いやすく暮らしやすい家づくりを目指しています。それは、家族の中心であるママが笑顔で過ごせる家は家族も笑顔で幸せになれると思うから…。
そのためにグリーンホームは「らくらく家事動線」と「収納じょうず」にこだわった家づくりをしています。

ポイント1:とっても使いやすいらくらく家事動線

家事を効率的におこなうことがママの心のゆとりを生み、ママが笑顔になる。グリーンホームはそう考えています。そのためには家事動線がすぐれていることが大切です。ここではママに好評だった家事動線をご紹介します。

~ くるっと家事動線 ~

家事を効率的におこなうことがママの心のゆとりを生み、ママが笑顔になる。グリーンホームはそう考えています。そのためには家事動線がすぐれていることが大切です。ここではママに好評だった家事動線をご紹介します。

~ すっきり家事動線 ~

洗面室、キッチン、サンルームと水回りを直線で配置することにより無駄をなくしたスムーズな家事ができるように考えてあるのが特徴です。加えてキッチンにいながら、洗面室、お風呂にいる子供の様子が感じられるのが最大の利点です。

ポイント2:家事が楽しくなる収納じょうずな家

ママが使いやすい家とは家事が効率的にできるキレイに片付いた家です。そのためには動線だけを考慮しても部屋が散らかっていたらせっかくの動線計画も無駄に。どうすればキレイに片付くのでしょうか?それはモノを使う場所に応じてこまめに収納をつくってあげることです。ここではママに喜んでいただいている「収納じょうず」な収納達をご紹介します。

①シューズクローク

靴やコート、傘などをラクラク収納でき、下が土間のため濡れたものを気にする必要がありません。他にもお子様のベビーカーや三輪車などの子供用品からバットやボール、スノーボード、釣り道具などの趣味のものまで収納できる多様さとスッキリさで人気が高い収納です。

②パントリー

食費、ミルク、おむつなど子育て中は何かとお金が出ていきがち…。忙しく働いていて、買い物にいくヒマがないため、特売日にまとめて買って買い置きしておきたいというママのために、キッチンのすぐそばに設置するパントリーは、ありがたいママの味方です。

③リビング収納

「リビングはできるだけ広く取りたい」「できるだけスッキリした空間にしたい!」というママの意見をよく耳にします。子供のおもちゃや絵本が乱雑になることも多いのでは?急なお客様が来ても簡単にしまうことができるとろこを確保しましょう。

但馬の生活にプラス1ポイント”サンルーム”

アパートにお住まいの方からよく聞くお困りの点が、冬場に洗濯物を干す場所がないということです。そこでサンルームを作ることによって室内干しのスペースを確保します。冬場だけでなく、仕事をされているママにとってもメリットは大。日中天気が急に変わった場合でも洗濯物の心配をすることもありません。風で洗濯物が飛ばされることもありませんね。夏場は逆にサンルームを開いておけば部屋としても活躍可能です。